↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
関連リンク



いすみ鉄道 大原-上総中野 26.8km

大原おおはら

大原駅ホームで発車待ちする菜の花カラーのディーゼルカー。駅の外から間近にこの様子をうかがうことが出来る。(2011/07/30)

ムーミン列車

2009年10月から開始されたという「ムーミン列車」。旧国鉄型のディーゼルカー以外で菜の花色の列車はみんなムーミン列車と化しており、最新型の300型の車両も車体側面にはムーミンのキャラクターが描かれている。(2018/04/28)

車体側面の行き先表示板(サボ)にもムーミンファミリーが描かれていた。そして車内には先端部の片隅から周囲に睨み(?)を利かせるリトルミィの姿が。(2011/07/30)

ムーミン列車乗り場はこちら

大原駅のJR駅舎とつながるいすみ鉄道乗り場への入口には、ムーミン列車乗り場と記されていた。(2018/04/28)

大原駅駅舎

駅の正面向かってJRの左隣に構えているいすみ鉄道の駅舎。駅の中には待合室や売店などがあり、いすみ鉄道関連グッズが購入可能。(2011/07/30)

1989年の大原駅

こちらはいすみ鉄道が開業して1年後に訪問した時の大原駅。当時はいすみ鉄道の駅舎は屋根だけで吹きさらしの状態だった。たまたま写っている女子高生のスカートの長さが時代の違いを感じさせたりして。(1989/09/30)

応援する自販機

売り上げの一部がいすみ鉄道に寄付される自販機。カラーリングはいすみ鉄道の車両をあしらっているようで。(2011/07/30)

大原を発車

大原を発車。しばらく外房線と上り方向に並走したあと、左手に分かれていく。(2011/07/30)

西大原にしおおはら

いすみ鉄道最初の停車駅。緩い曲線上にホームが設置されている。(2011/07/30)

西大原で見かけた昔ながらのスタイルの渋い駅名標(2011/07/30)

スナフキンのいる池

西大原から上総東の間で下り列車の進行方向右手に見える池。池のほとりにスナフキンがいる。(2011/07/30)

上総東かずさあずま

上下列車交換可能の駅。下り列車を待っているのはキハ52型使用の観光急行「夷隅号」だった。(2011/07/30)

手入れされていないだけかもしれないが、これまたスタイルは違うが渋い感じの漂う駅名標。(2011/07/30)

新田野にったの

ホームにさりげなく、鉢植えの花が並べられた花壇が作られている。(2011/07/30)

国吉くによし

駅の愛称名は「風そよぐ谷 国吉」。急行夷隅号が停車中。急行と言えども対向列車を待たされるのです。(2011/07/30)

国吉駅駅舎

いすみ市商工会館と同居している駅舎。(2011/07/30)

駅名標にはムーミンのキャラクターが勢ぞろい。駅にはムーミングッズを販売する売店があった。(2011/07/30)

国吉から上総中川の間に広がる田園風景。この途中にある小さな無人踏切のあたりが有名な撮影スポットになっている、と、急行夷隅号の車内放送で紹介されていた。(2011/07/30)

上総中川かずさなかがわ

西大原と同様に緩いカーブ上にホームが設置されている。(2011/07/30)

城見ヶ丘しろみがおか

全線で唯一、いすみ鉄道開業後に開業した駅。2008年開業。近所のショッピングセンターにちなみ「オリブ前」の副駅名がつく。そして車内より駅ににらみを利かせるリトルミィ。(2011/07/30)

最近出来た駅だけに駅名標も新しい感じ。(2011/07/30)

城見が丘を発車し大多喜駅が近づいてくると、大多喜城の姿が見えてくる。(2011/07/30)

夷隅川

国吉あたりから並行して流れる夷隅川を橋で渡る。(2011/07/30)

大多喜おおたき

いすみ鉄道の中心的存在の駅。命名権売却により設定された駅の愛称名は「デンタルサポート大多喜」駅。大原から乗車していた乗客の大半はここで下車してしまい、車内は急に寂しくなった。(2011/07/30)

構内横断踏切を挟んで斜向かいに上下線のホームが配置されている。(2011/07/30)

駅名標

「デンタルサポート大多喜駅」と記載されている駅名標と共に、国鉄木原線時代からあるのかもしれない昔ながらの駅名標も見かけた。(2018/04/28)

駅のポスター

壁にフリー乗車券や観光列車の宣伝、長距離バス案内やグッズの宣伝などが所狭しと貼られている大多喜駅の駅舎の中。こういう張り紙の種類の多さが、いすみ鉄道の鉄道経営の熱心さを物語っているように感じる。(2018/04/28)

そして台湾鉄路集集線との姉妹鉄道提携を知らせるポスターも貼られていた。個人的には台湾はしばらくご無沙汰であるが、集集線には過去2回ほど乗ったことがあります。(2018/04/28)

急行夷隅号

大多喜から大原まで乗車したことのあるキハ52型の観光急行夷隅号。駅は通過するものの国吉で小休止したりするためか、所要時間は普通列車より遅いくらい。急行料金300円はイベント料金といったところだが、たまたま途中から乗車した地元のお客さんも料金を取られていたのはちょっと気の毒な感じがした。ちなみに指定席急行券は600円だが、今時珍しいD型硬券がもらえる。(2011/07/30)

列車前面のヘッドマークは夷隅号だが、側面サボはそと房号となっていたのがお茶目。(2011/07/30)

前身は大糸線で活躍していた車両らしく、扇風機に「JR西日本」のロゴが刻まれている。(2011/07/30)

昭和のポスター

車内は昭和のノスタルジーがテーマ。そのため車内の吊り広告や壁に貼ってあるポスターはみんな30年くらい前のものばかりで一つ一つ全てが懐かしい。ひたち号は今より3000円くらい安かったのね。指定券発売は当時は7日前からでした。(2011/07/30)

ビールのポスター

で、昔よく見かけたビールを片手に持つ水着のお姉さんというポスターも昭和の部類に入るのだ。(2011/07/30)

本多忠勝像

1番線改札口脇に設置されている、テレビ東京系番組TVチャンピオン「発泡スチロール王」製作の本多忠勝像。開運・勝利の神将であり受験・強運祈願として製作され、夷隅神社の正式な入魂式を行ってここに設置されたとある。(2011/07/30)

上総中野寄りの踏切より撮影した大多喜駅構内。ほぼ左右対称の側線上に菜の花色のレールバスや急行夷隅号の車両などが並ぶ。(2011/07/30)

大多喜駅を出発する上総中野行き列車

大多喜駅を出発するいすみ鉄道・上総中野行きの列車。大多喜駅付近で上総中野側の踏切より撮影。 (2018/04/28)

大多喜駅駅舎

関東の駅百選にも選ばれた駅舎。駅舎がいすみ鉄道の本社にもなっている。(2011/07/30)

大多喜城へ

駅から大多喜城へは駅を出て右手(南側)方向へと住んでいく。早速大手門をくぐる。(2011/07/30)

踏切を渡って山道を進んでいく。道から眺められる夷隅川の渓谷。遠くにいすみ鉄道の鉄橋が見える。列車が来るのを待って撮影すればもっといい写真になりそう。(2011/07/30)

大多喜城

駅から1キロくらい山道を歩いて到着。1975年に城跡に天保6年(1835年)の図面を基にして再建されたもので、建物内部は千葉県立中央博物館大多喜城分館となっていた。(2011/07/30)

小谷松こやまつ

まっすぐなホームの対面にはあじさいが咲いている。車内から見た駅は全体的に庭園のような雰囲気。(2011/07/30)

東総元ひがしふさもと

テレビ東京系番組「TVチャンピオン」の企画により建設された待合所がある。リフォームされた待合室にはおみくじがあり、屋根には「大吉」と書かれた開運板が取り付けられている。(2011/07/30)

待合室の内部。おみくじも健在だが、だいぶ時が経ってくたびれてきた感は否めず。(2011/07/30)

久我原くがはら

大多喜同様、命名権の売却により駅の愛称名が「三育学院大学久我原駅」となった。地図で見る限り三育学院大学は1キロ以上離れているようで、駅から大学らしきものが見えなかった。(2011/07/30)

三育学院大学久我原駅

待合室に「三育学院大学久我原駅」の駅名標が掲げられている。(2011/07/30)

夷隅川を渡る

再び夷隅川を鉄橋で通過。(2011/07/30)

総元ふさもと

ホームには鉢植えの花がいっぱい。家の庭先のような雰囲気があるホーム。2018年4月に訪問した時には(写真右)駅舎の壁が鮮やかな水色になっていた。(2011/07/30)

西畑にしはた

丸く穴の開いた窓のある待合室がある駅。(2018/04/28)

待合室の中を見たら、待合室の壁は西畑小の作品コーナーになっていた。(2011/07/30)

上総中野かずさなかの

大原からおよそ1時間で到着する山の中の終着駅。大多喜ほとんど降りてしまったので終点まで乗っていた乗客はほとんどいなかったが、この駅で小湊鉄道からの乗り継ぎと思われる旅行客が何人かいた。こんな小さな終着駅が他社線(小湊鉄道)との乗り換え駅になってるのも珍しい。いすみ鉄道も小湊鉄道もこの駅が終着駅でどちらもここで折り返してもと来た道を戻っていく。一応、細いながらも両線をつなぐ線路が残されている。(2011/07/30)

急行夷隅号再び

2018年4月訪問時に上総中野であった急行夷隅号。ただし、大多喜から上総中野までは普通列車扱いで、折り返しは大多喜行きの普通列車だった。(2018/04/28)

車内はボックスシートの半分が広いテーブルになっていて、レストラン列車として使われることもあるらしい。(2018/04/28)

車内の一角にはいすみ鉄道グッズ売り場やスタンプコーナーがあった。また、子供たちは窓枠のテーブルの下にあった栓抜き(写真左)に興味津々。(2018/04/28)

上総中野駅駅舎

山小屋風の駅舎。もちろん無人駅なので、中は待合室だけがある。2018年訪問時はゴールデンウィークで小湊鉄道のからの接続が割とよい時刻だったせいか駅の周りは結構賑わっていた。(2018/04/28)

駅舎からいすみ鉄道ホームへは、小湊鉄道の線路を横切っていく形になる。(2011/07/30)

1989年の上総中野駅

駅舎は変わっていないが、この頃は建築されて間もなかったのか真新しい感じがする。(1989/09/30)

いすみ鉄道と小湊鉄道

この写真の撮影は1989年だが、今でも見られるいすみ鉄道・小湊鉄道の両車両が発車を待つ光景。この当時の車両が今でも現役で活躍している。(1989/09/30)

線路は続くよ

いすみ鉄道も小湊鉄道もこの駅が終点だが、どちらの駅名標も自社の列車が行かない隣の駅がきちんと書かれているのが特徴的(写真左は小湊鉄道の駅名標)。上総中野駅をまたいでの直通運転の話には両社とも消極的らしいが、駅名標を見るとどちらもそれなりに意識しているようにも感じられるのだが。(2018/04/28)


いすみ鉄道