↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
函館本線関連リンク

【訪問宿リンク】

ホテルリブマックス札幌駅前
ホテルリブマックス札幌駅前

部屋やロビーはきれいでした。素泊まりでも朝食がサービスされてました。札幌駅から高架下のショッピングモールや横断歩道を歩いていくと、ホテルのすぐそばまで行くことができるので、雨の日にはありがたいです。

ビジネスインノルテII
ビジネスインノルテII(札幌駅)

札幌駅の北側、北12条にあるホテル。2008年の北海道旅行の際に泊まりました。札幌駅からはちょっと遠いですが歩いて行けないことも無い距離(徒歩約10分)地下鉄南北線からだと北12条駅からすぐの所です。





函館本線 札幌-旭川 136.8km

札幌さっぽろ 【01】

札幌-旭川間に復活した特急ライラック号と普通列車がホームに並ぶ。天井はすっぽりと屋根で覆われている構造。駅のホームには電車からディーゼルカーまで多くの種類の車両が行き交う。(2017/08/12)

2008年訪問時の札幌駅。巨大な駅ビルがそびえ建っていた。(2008/08/25)

特急スーパーカムイ号

ライラック号とともに札幌から旭川までを結ぶ函館本線の特急。当時は「スーパーカムイ」号という名前でさらに札幌から千歳空港までは快速「エアポート」に変身していた。2017年からは特急カムイ号となって千歳空港への乗り入れは無くなっている。(2008/08/25)

苗穂なえぼ 【H02】

白石駅の先までは千歳線との複々線が続く。函館本線の線路が千歳線を挟む構造。(2017/08/12)

白石しろいし 【H03】

苗穂駅と同じく函館本線と千歳線の複々線の駅。白石駅の先で千歳線と分かれるが、それまでの間に千歳線にだけ平和駅が存在する。(2017/08/12)

千歳線と別れる

複々線が終わり、千歳線は函館本線をオーバークロスして分かれていく。(2017/08/12)

厚別あつべつ 【A04】

千歳線と別れて最初の駅。(2017/08/12)

森林公園しんりんこうえん 【A05】

1984年開業。(2017/08/12)

森林公園駅駅舎

新札幌駅から北海道開拓の村に行くバスから撮影した駅舎。北海道開拓の村へは新札幌駅より森林公園駅からの方が近い。(2017/08/13)

大麻おおあさ 【A06】

札幌市を出てここから江別市へ。特急列車の車内より流し撮り(^^;)。(2017/08/12)

野幌のっぽろ 【A07】

高架線上に駅がある。かつては夕張鉄道がここから伸びていた。(2017/08/12)

高砂たかさご 【A08】

1986年11月開業。1984年11月末までは兵庫県の国鉄高砂線に同名の駅があり、兵庫県の駅の廃止から2年で北海道に復活したような感じ。京成電鉄にも高砂駅があるが、こちらは国鉄の駅と区別(!)するためずっと「京成高砂」を名乗っている。(2017/08/12)

江別えべつ 【A09】

江別市の中心駅。この駅折り返しの列車もあるが、特急列車は通過。(2017/08/12)

千歳川

江別駅の先で千歳川を渡る。車窓に見える道路は国道12号線(2017/08/12)

豊幌とよほろ 【A10】

対応式ホームの駅。(2017/08/12)

幌向ほろむい 【A11】

ここから岩見沢市へ。「ほろむかい」と読みそうだが「ほろむい」が正当。(2017/08/12)

上幌向かみほろむい 【A12】

駅の岩見沢側900メートルくらいの所で室蘭本線と合流する。室蘭本線の方にはこの付近に駅は無い。(2017/08/12)

岩見沢いわみざわ 【A13】

札幌からの特急列車が最初に停車する駅。はるか遠く長万部で分岐していた室蘭本線と再度合流する。かつては幌内線もここから分岐していた。(2017/08/12)

岩見沢駅駅舎

幌内線と同じルートを走るバスが駅前のターミナルから出ていた。写真は2008年訪問時で、この時駅周辺は工事中で駅の写真が撮りづらかった。(2008/08/25)

峰延みねのぶ 【A14】

岩見沢とは8.4キロも離れており、ここより美唄市に入る。(2017/08/12)

光珠内こうしゅない 【A15】

2面3線の駅。車窓から見ると、建物もまばら。(2017/08/12)

美唄びばい 【A16】

特急停車駅。函館本線の支線が存在していた時代もあった。(2008/08/21)

茶志内ちゃしない 【A17】

美唄からひたすら続く直線上にある駅。(2017/08/12)

奈井江ないえ 【A18】

美唄市を離れ空知郡へ。急行列車が走っていた時代は停車する急行列車もあったが、今は普通列車のみ停車。(2017/08/12)

豊沼とよぬま 【A19】

ここから砂川市へ。(2017/08/12)

砂川すながわ 【A20】

特急停車駅でかつては歌志内線と函館本線の支線(上砂川支線)が分岐していた駅。上砂川支線は国鉄の分割民営化の過程で北海道のローカル支線が相次いで廃止になった中、「函館本線」の支線だったためにその後しばらく生き残っていた路線。その路線も1994年に廃止となっている。(2017/08/12)

3番線ホームと、駅の出入り口付近。(2017/08/12)

上砂川支線ホームへの跨線橋

1997年7月の砂川駅(写真右)。上砂川支線は廃止された直後で、跨線橋もホームも残っていて本線との間の空間もまだ空き地だった。その後2008年の訪問時(写真左)には、それらの面影も無くなって新しい建物が建っているようだった。(1995/07/25)

砂川駅駅舎

上記と同じ時に撮影した駅舎。(1995/07/25)

空知川

砂川と滝川の間で渡る空知川。(2017/08/12)

滝川たきかわ 【A21】

滝川市に入り、特急列車は砂川と連続して停車する。根室本線がこの駅より分岐する。「たきかわ」と「か」が濁らないのがちょっと意外。(2017/08/12)

滝川駅の駅舎。ここから札沼線の新十津川駅が比較的近いのは割と有名で、新十津川駅の付近へ行くバスがあるほか、3㎞ほどの距離なので頑張れば歩いて行けない事は無い。(2008/08/25)

江部乙えべおつ 【A22】

2面3線の駅。この駅どまりの普通列車もある。(2017/08/12)

妹背牛もせうし 【A23】

難読駅で妹は「も」と読むことになるのかな。所在地は雨竜郡妹背牛町となる。(2017/08/12)

深川ふかがわ 【A24】

留萌本線との乗り換え駅。かつては豪雪地帯を行く深名線もこの駅より分岐していた。(2017/08/12)

跨線橋より深川駅を見下ろす。6番線のホームに停まっているのは留萌本線の列車。深名線の列車はこのホームから出ていた。(2008/08/24)

納内おさむない 【A25】

深川から7.4km、伊納へは実に12.7kmの道のりがある。伊納への間で、長いトンネルに入る。(2017/08/12)

伊納いのう 【A26】

山の真っただ中にあるような雰囲気の駅。ホームは上下線とも旭川駅方向から見て左側に設置されているちょっと変わったスタイル。ここより旭川市へ。(2017/08/12)

近文ちかぶみ 【A27】

跨線橋の向こうに比較的新しい駅舎が見える。1989年に改築とか。(2017/08/12)

そうかと思うとホームの上にはえらく古めかしい待合室があった。(2017/08/12)

旭川あさひかわ 【A28】

函館より400キロあまり続いた函館本線の終点。ただし現在は函館本線全線を走破する列車は皆無。電化区間もここまで、この先北へは宗谷本線、東へは石北本線が延びている。全国的に有名になった旭山動物園はこの駅よりバスを利用する。(2017/08/12)

2008年訪問時は地平ホームだったが、駅とその周辺はすっかり高架化されていた。(2017/08/12)

旭川駅駅舎

2008年の訪問から驚くほどの変貌を遂げた駅舎。新幹線が乗り入れてそうな雰囲気。駅併設でイオンモールがあり、昼食はフードコートで取ることができる。(2017/08/12)

2008年の旭川駅

2008.年訪問時の旭川駅。この時は小ぢんまりとしており、正面のデザインが印象的だった。(2008/08/24)

地上ホーム時代の駅。写真をよく見ると左手の方で高架化工事が始まっていたみたい。(2008/08/24)

711系

高校時代に初めて北海道旅行した時に見かけた赤い電車が、この時旭川では健在だった。(2008/08/24)


JR北海道・函館本線