↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
関連リンク



小湊鉄道 五井-上総中野

五井ごい

市原市の中心・五井駅が小湊鉄道の起点。面積の広い同市内を縦断して走るため、40キロ近い道程がありながら終点の上総中野を除き全て市原市所属の駅となっている。(2018/04/28)

五井駅で発車を待つ上総牛久行きの小湊鉄道の列車。(2018/04/28)

車庫

五井駅に隣接してある車両基地。お休み中のディーゼルカーの姿が見える。小湊鉄道の本社もここに存在する。写真左は車両基地から見た五井駅。イベント列車に参加した日に列車乗車前に車庫見学があった。(2009/07/04)

途切れる線路

千葉側の方に伸び途切れている線路。かつては国鉄線とつながっており、車両の乗り入れもあったらしい。(2009/07/04)

Pasmoは使えません

小湊鉄道はPasmoやSuicaに対応しておらず、ホームにこんなお知らせがある。ホームにつながる階段の入り口にはSuicaセンサーが取り付けられており、とりあえず五井までのJR運賃は改札を出なくてもSuicaで精算出来るようにはなっていた。(2009/07/04)

蒸気機関車

かつて小湊鉄道で活躍していた蒸気機関車が小湊鉄道本社の敷地内に保存されていた。この日は小湊鉄道で運転された友人のブライダルトレインに乗るため、乗車前に本社の中に通され、敷地の中から蒸気機関車の姿を見ることが出来た。ちなみに現在走っている「里山トロッコ号」の機関車は本物の蒸気機関車ではなく蒸気機関車の形をしたディーゼル機関車。(2009/07/04)

懐石料理

そのイベント列車の車内でふるまわれた懐石料理。結構なボリュームで、養老渓谷間での1時間までの間に一所懸命(?)食べた。(2009/07/04)

上総村上かずさむらかみ

五井の次の駅にして早くもローカルムードの溢れる駅に到着。(2018/01/01)

上総村上駅の駅舎。現在は無人駅となり駅舎内に自動券売機が設置されている。(2018/01/01)

国指定有形文化財の碑

小湊鉄道の駅舎群は国登録有形文化財に指定されており、上総村上駅もその一つ。文化財に登録されたのなら、無人駅になっても駅舎は当分安泰?(2018/01/01)

上総村上駅に到着する列車

上総村上駅に到着する小湊鉄道の上総中野行き列車。高滝神社初詣列車のヘッドマーク付き。(2018/01/01)

1989年の上総村上駅

まだ市原の実家に住んでいた当時、自転車で訪問した時の上総村上駅。この時は有人駅で入場券も買えた。(1989/07/01)

しばらく待っていると、列車がやって来た。(1989/07/01)

海士有木あまありき

知らないと読めない駅名。京成千原線となった千葉急行がこの駅まで乗り入れる予定だったのだが、計画は幻に。周りの景色を見ても、千葉急行がどこから現れる予定だったのかちょっと見当がつかない。(2018/04/28)

海士有木駅全景。対向式ホームの交換可能駅。(2009/07/04)

上総三又かずさみつまた

真っすぐ伸びるホームにホームは片面のみの設置。(2009/07/04)

上総山田かずさやまだ

1954年までは近所を流れる養老川が駅名だったらしい。(2009/07/04)

光風台こうふうだい

1976年開設と小湊鉄道の中では一番新しい駅。光風台団地造成に伴い造られた駅。独立した駅舎に島式のホーム、そして駅舎とホームを結ぶ跨線橋と小湊鉄道の他の駅ではほとんど見られない特徴がある。(2009/07/04)

駅から少し離れた丘陵地帯には住宅がびっしり。(2018/04/28)

馬立うまたて

列車の窓からすれ違いの列車を撮影。(2018/04/28)

ソーラパネルが並ぶエリアのそばを通りかかる。(2018/04/28)

上総牛久かずさうしく

小湊鉄道中間駅の中では一番の規模を誇る駅で、多くの列車がこの駅止まり。ここから先の列車本数は1-2時間に1本程度。(2009/07/04)

上総牛久駅のホーム。(2018/04/28)

上総牛久駅駅舎

トロッコ列車の乗車券を買い求めるために窓口に列ができ、ひと時の賑わいを見せる上総牛久駅駅舎。(2018/04/28)

里山トロッコ号

2015年11月に登場した、小湊鉄道観光列車の切り札。3-12月の週末・休日に上総牛久から養老渓谷の間を1日2-3往復している。先頭の機関車はさすがに本物の蒸気機関車というわけにはいかなかったようだが、ディーゼルエンジンを積んだ蒸気機関車風の機関車とは、なかなか斬新な車両である。(2018/04/28)

トロッコ列車の最後尾の車両。養老渓谷からの帰りはこちらが先頭車両になるため、運転台が設置されている。(2018/04/28)

開放感あふれるトロッコの車両。中間2両は窓なしの開放的な車両。両端は窓があるがエアコン完備。いずれも天井に明り取りの窓があって上空も見渡せる。(2018/04/28)

上総川間かずさかわま

ここから先は線路とホームが1つずつの駅ばかりが多くなる。まっすぐなホームに待合室がぽつんとあった駅。里山トロッコ号は通過となっているが、どの駅にも一旦停車をしていた。(2018/04/28)

2009年訪問時の上総川間駅。ホームでおじさんが草刈りをしている様子が見られた。(2009/07/04)

上総鶴舞かずさつるまい

かつては上下列車の交換が出来た駅。(2018/04/28)

使われなくなった対向ホームが残されており、ホームは花壇と化していた。(2009/07/04)

上総久保かずさくぼ

駅のそばに大銀杏の木がある。何かのイベントが行われたいるようで、駅や大銀杏の袂の広場が賑わっていた。(2018/04/28)

2009年に通りかかった時は、いたって静かな駅だった。(2009/07/04)

高滝湖

上総久保から高滝までの間に通りかかる湖。養老川が多目的ダムの高滝ダムにせき止められてできた湖で、列車はコンクリート橋で渡る。(2018/04/28)

高滝たかたき

高滝湖の西側に位置する駅。湖までは500mくらい。ゴールデンウィーク初日の駅には鯉のぼりが掲げられていた。(2018/04/28)

鮮やかなピンク色の花を咲かせたつつじの木があった。(2018/04/28)

2009年訪問時の高滝駅。(2009/07/04)

里見さとみ

高滝湖の南側に位置する。1998年に交換設備が廃止されて長らく上総牛久-上総中野間は列車の行き違いが出来ない区間となっていたが、2013年に復活。再び上下の列車が交換できる駅となった。写真は里山トロッコ号から撮影した上りの五井駅行き列車。(2018/04/28)

里山トロッコ号の最初の停車駅。ジュースや軽食の販売があり、ホームはひと時の賑わいを見せる。(2018/04/28)

里見駅駅舎

こじんまりとした駅舎。写真左は1998年訪問時の駅舎で、自動販売機が無くなっているほかはあまり大きな変化はない。駅員は一時期いない間を経て、再び配置されるようになった。(2018/04/28)

2009年に通りかかった時の里見駅。(2009/07/04)

1998年の里見駅

1998年に訪問した当時の里見駅。この時は上総牛久より先で唯一上下列車の行き違いが出来る里見駅の列車交換が無くなってしまうということで、その様子を撮影するためにわざわざ訪れたのだった。(1998/09/13)

駅舎内に掲げられていた時刻表。1998年当時も、列車本数はそれほど多いわけではなかった。そして写真左は鉄道に並行して走るバスの時刻表。本数はさらに少なくて、1日2本だけ。(1998/09/13)

飯給いたぶ

海士有木駅と並ぶ難読駅名。次第に山の中へと入って行く。駅前に「世界一大きなトイレ」があるとか。(2009/07/04)

青い壁が特徴的な飯給駅の待合室。(2018/04/28)

月崎つきざき

地球磁場逆転期の地層チバニアンの発見場所はここから南東2キロの場所にある。里山トロッコ号がここに停まるようになったのもチバニアン訪問者を考慮したため?(2018/04/28)

2009年訪問時の月崎駅。この駅も列車交換設備の名残が有る。対向側のホームにはあじさいの花が咲いていた。(2009/07/04)

「小湊鉄道で一番短いトンネル」と車内放送のあったトンネルを通り抜ける。(2018/04/28)

上総大久保かずさおおくぼ

地元の小学生によって描かれたとなりのトトロの絵などで、壁一面が埋め尽くされている待合室。(2018/04/28)

上総大久保駅の全景。(2009/07/04)

上総大久保付近ののどかな風景の中を突っ走るディーゼルカー。写真左は踏切付近にあった「踏切あり」の道路標識。ディーゼルカーであることを意識してかパンタグラフの絵が無い。(1998/09/13)

養老渓谷ようろうけいこく

小湊鉄道沿線で一番の観光地・養老渓谷の拠点となる駅で、列車が到着した間は観光客で賑わいをみせる。終点まであとひと駅であるが、ここで折り返しとなる列車もあり、里山トロッコ号もこの駅が終点。(2018/04/28)

2009年訪問時の養老渓谷駅。この写真と比べると、駅前ロータリーが無くなって木が植えられるなど、駅前の様子がずいぶん変わったような気がする。(2009/07/04)

列車の停まるホーム。ホームはかさ上げされているようだ。(2009/07/04)

養老渓谷駅停車中の列車を駅の反対側から撮影。(2009/07/04)

軌道自転車

ブライダルトレインに乗って養老渓谷までやってきたこの日、その目玉企画(?)として、保線用の軌道自転車に試乗する機会があった。レールの上を走行する自転車は道路走行とは一味違った趣が有り、列車に乗っているような気分になって実に爽快。ただし方向転換は人力で行う必要が有り、試乗会では職員の方が汗だくで行っていた。(2009/07/04)

こちらはバイクを改造した保線車両。双方向に2台のバイクが取り付けられているので、方向転換も思いのままの画期的な車両。ただし運転が難しい上、我々は列車内の宴会で酒が入っていたため運転は出来ず添乗にとどまる。主に車で行きにくい山間部の線路保守で活躍中だとか。(2009/07/04)

本線から切り離された未使用の線路を使い、あじさいの咲く旧ホームの脇を突っ走る。実に気分爽快。(2009/07/04)

場所が変わって、駅に戻ると駅前でひなたぼっこしていた猫に遭遇。訪問客に撫でられ慣れているようだが、迷惑そうな顔にも見える。(2009/07/04)

上総中野かずさなかの

上総牛久から先に来る列車の半分が養老渓谷止まりになり、上総中野までやって来る列車は6往復ほど。大原とを結ぶいすみ鉄道との乗り換え駅で、お互い本数が少ないながらも接続は悪くないので、乗り換えて房総半島を縦断する観光客はそこそこいるようだ。(2009/07/04)

小湊鉄道はその名の通り安房小湊までを結ぶ予定だった。いすみ鉄道は前身が国鉄木原線であり、久留里線とつながり木更津と大原を結ぶ予定だった。どちらも計画が途中でストップ、山間部のこの駅が終着駅となり乗り換え駅になった経緯がある。(2009/07/04)

養老渓谷方面の線路、写真左側に分岐する線は側線で、この写真手前側でいすみ鉄道の線につながっている。(2018/04/28)


小湊鉄道