↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
関連リンク



りんかい線(新木場-大崎) 12.2km

新木場しんきば 【R01】

新木場駅は東京メトロ、JR、東京臨海高速鉄道と3社の改札口が並んでおり、コンコースの一番奥にあるのがりんかい線の改札口。写真は開業当初から活躍しているりんかい線の車両。前面は特徴的だが、側面と車内はあまりJRの車両と変わらない印象を受ける。(2002/12/01)

新木場駅駅名標

りんかい線全線開業初日はコンコースに多くの幟が立っていた。イベントなど特定の日を除けば、他の2社に比較してお客は少なめ。(2002/12/01)

りんかい線の車両

新木場駅の駅名標。矢印に見立てた三角形が左右3つほど並んでいるのが特徴的。(2002/12/01)

JR埼京線の乗り入れ車両。

りんかい線全線開業時から大崎まで延長された埼京線との相互乗り入れが始まった。りんかい線内見かけるJR埼京線の車両。(2002/12/01)

全線開業時のポスター

りんかい線全線開業を知らせるポスター。(2002/12/01)

こちらも別バージョンのポスター。全線開業したりんかい線の売りは新宿とお台場との直結。(2002/12/01)

鉄道会社のロゴ

新木場に集結する3会社のロゴが並ぶ新木場駅入口。(1996/03/31)

そして開業15周年

最近出来た路線のように感じても2011年時点で既に開業から15年。ガチャピン・ムックとりんかい線キャラクターりんかるが勢揃いしたラッピング列車が走っていた。(2011/12/31)

東雲しののめ 【R02】

中間駅の中では唯一の地上駅。漢字は簡単だが知らないと絶対に読めない難読駅名。(2018/04/06)

国際展示場こくさいてんじじょう 【R03】

東京ビックサイトの最寄り駅で、イベント開催時には駅やコンコースがごった返す。ゆりかもめの有明駅と隣接している。(2011/12/31)

国際展示場駅駅舎

半円の屋根が特徴的な駅舎。(2011/12/31)

国際展示場駅を東京ビックサイト方面の遠方から撮影。駅の屋根が特設会場のテントのように見える。(2011/12/31)

東京ビックサイト(東京国際展示場)

国際展示場より500メートルほど場所にある東京ビックサイト。イベント開催時は駅から会場まで人の波が出来ていた。(2012/12/31)

東京テレポートとうきょうてれぽーと 【R04】

お台場の中心地にある、りんかい線最初の開業時の終着駅。「フジテレビ前」という副駅名が付く。(2011/12/31)

天王洲アイルてんのうずあいる 【R05】

品川臨海部の再開発によるビジネス街の真っ只中にある駅。東京モノレールとの乗換駅ではあるが、隣接はしているものの直接連絡通路等でつながっておらず、乗り換えには横断歩道を渡る必要がある。(2002/12/01)

天王洲アイル駅のコンコース。(2002/12/01)

天王洲アイル駅入口。(2002/12/01)

品川シーサイドしながわしーさいど 【R06】

天王洲アイルから品川シーサイドにかけては品川の臨海部を南下していく。品川シーサイド駅の副駅名は「ビッグローブ前」。(2018/04/06)

大井町おおいまち 【R07】

臨海部を抜けて、京浜東北線や東急大井町線との乗り換え駅の大井町へ到着。ホームは上下2段構造になっている。(2002/12/01)

大井町駅の駅名標。(2002/12/01)

こちらはホーム柱の駅名標。(2002/12/01)

りんかい線路線図

ホームに掲げられていたりんかい線の路線図。進行方向に併せ、南が上になっている。(2002/12/01)

りんかい線大井町駅の改札口。(2002/12/01)

運賃表

東京モノレールなど乗り換え路線の連絡運賃も掲載されている運賃表。りんかい線自体が高めの運賃のため、全体的に距離の割には高い運賃であることは否めず。(2002/12/01)

大崎おおさき 【R08】

大崎駅に到着したりんかい線の車両。ここから埼京線に乗り入れ、新宿へと向かう。(2018/04/06)

開業日当時の大崎駅

大崎駅まで開業した日のりんかい線ホーム。かつては山手線の中でも地味な存在だった大崎駅が4路線が集る一大拠点に。りんかい線の開業に合わせて新設されたホームに停車した。そして埼京線との乗り入れも開始された。(2002/12/01)

りんかい線全線開業当日なため、記念乗車の鉄ちゃんが多目だった日のホーム。(2002/12/01)

駅名標

大崎駅駅名標。駅名標中央のエメラルドグリーンは埼京線、紺色はりんかい線を示す路線カラー。(2002/12/01)

路線案内

ひとつのホームでりんかい線、埼京線、湘南新宿ラインの列車をさばくため、路線図も四方八方に線が延びる複雑な図に。(2002/12/01)

番線案内

3路線が入り乱れる番線案内。2002年当時のものと比べると湘南新宿ラインの表記から「横須賀線」「東海道線」の名前が消えてすっきりし、路線アイコン付きになっている。(2018/04/06)

大崎駅コンコース。(2002/12/01)

りんかい線・埼京線・湘南新宿ラインのホームの脇にホームの無い複線がある。成田エクスプレスなどはこちらを走行していく。(2002/12/01)

ゲートシティ大崎

大崎駅東口周辺にある再開発施設のビル。訪問時にはホールでミニコンサートが実施されていた。(2002/12/01)


りんかい線・