↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
半蔵門線関連リンク



     

半蔵門線 押上-渋谷 16.8km

押上おしあげ 【Z14】

2003年に半蔵門線と東武が乗り入れたため、実に4社の路線が集結するターミナル駅になった。東京メトロ半蔵門線と東武、都営浅草線と京成がそれぞれ相互乗り入れしていずれも地下に駅がある。駅を出ると東京スカイツリーがそびえ立つ姿が目に留まる。(2012/05/21)

「スカイツリー前」

東京スカイツリーのオープンを前にして、押上には「スカイツリー前」という副駅名が付いた。位置関係からいうと「スカイツリー下」なんだけどね(笑)。(2012/05/21)

路線図

ホームへ下りる階段の頭上にある路線図。半蔵門線内は各駅停車のみだが、東武線へと直通する列車は急行と準急ばかり。東武の路線名は東武動物公園までは「東武スカイツリーライン」と案内されている。(2012/05/21)

押上駅ホーム

地下駅だけどバラスト(砂利)が敷き詰められている押上駅ホームの線路。折り返し列車もあるため、2面4線の構造。(2003/03/21)

「東武の車両です。」

何故か車両の所属会社まで教えてくれる発車案内。鉄ちゃん向きとしか思えないのだが。(2003/03/21)

で、到着した東武の車両。半蔵門線を通ってそのまま東急田園都市線の中央林間まで足を伸ばす。(2003/03/21)

押上駅駅名標。壁にははっぴのデザイン。(2003/03/21)

曳船方面に続く線路。地上の明かりが見える。(2003/03/21)

錦糸町きんしちょう 【Z13】

JR錦糸町駅を出た駅前広場に入口を構える半蔵門線の駅入口。屋根づたいに乗り換え出来ないのがちょっと残念。(2003/03/21)

開業初日の賑わう駅連絡通路。(2003/03/21)

錦糸町駅の路線図。渋谷-青山一丁目のみの路線だった頃を知るものにとっては、ずいぶん長い路線に成長したものだとしみじみと感じるのであった。(2003/03/21)

住吉すみよし 【Z12】

上下線で2層構造のホームになっており、線路はどちらもホームの片面のみ、のはずだが。(2015/03/28)

ホームの奥が壁ではなく欄干になっており、その向こうに留置線が。ここから豊洲までをつなぐ路線が計画されており、こちらの路線が豊洲につながることにはなっているが今のことろ計画が進む気配がない。(2015/03/28)

清澄白河きよすみしらかわ 【Z11】

都営大江戸線との乗換駅。(2015/03/28)

水天宮前すいてんぐうまえ 【Z10】

東京シティエアターミナルと水天宮の最寄り駅。計画当時の仮称は蛎殻町だったが、さすがに漢字が難しすぎて採用されなかった?(2006/09/09)

水天宮前駅の改札口。(2012/04/01)

東京シティエアターミナルの出口側に設置されている動く歩道。途中から坂になっているが階段状にならないのがちょっとつらい。(2012/04/01)

水天宮

駅名のとなっている水天宮は半蔵門線の駅から徒歩。安産と子授けの神社。確かにご利益あったかも。(2006/09/09)

三越前みつこしまえ 【Z09】

1989年開業時には終点だった。当時から半蔵門線に乗り入れていた東急としては、当時日本橋にあった東急百貨店のライバルの名前を行先名として呼ぶことを極力避けたかったというジレンマを抱えてたとか。総武線快速新日本橋駅へは銀座線のホーム一本分を歩く距離にあり、乗り換えにはちょっと不向き。(2017/12/07)

大手町おおてまち 【Z08】

各路線の大手町駅の中では最も北側に位置する。東急の長津田まで乗り入れする東武鉄道の車両。(2017/12/06)

神保町じんぼうちょう 【Z07】

古書店街の最寄り駅で、都営新宿線・三田線との乗換駅。新宿線とは、この先の九段下まで併走。(2013/03/24)

九段下くだんした 【Z06】

神保町駅とは400メートルの至近距離。この写真だと普通の相対式ホームの駅に見えるが……。(2013/03/24)

お隣は都営新宿線

押上方面行きホームは隣を走る都営新宿線とホームを共用。実は開業当初から隣同士だったものので隔てられていたのだが、2013年3月に壁が撤去されて行き来が自由になった。番線案内のデザインもホームの床の色も照明の色も違うけど、乗り換え至便になった駅が誕生。(2013/03/24)

4,5番線ホームの路線図。乗り入れもしていない2社の路線が仲良く並ぶ光景。(2013/03/24)

半蔵門はんぞうもん 【Z05】

路線名になった駅は三越前まで延伸される前は終着駅だったこともあった。(2009/03/20)

半蔵門駅のホーム。清澄白河駅行きの列車が駅を発車。(2009/03/20)

永田町ながたちょう 【Z04】

銀座線・丸ノ内線の赤坂見附駅と有楽町線の永田町駅をつなぐような位置にホームがある。赤坂見附駅から有楽町線への乗り換えにはこのホームを端から端まで歩く必要がある。(2017/12/04)

青山一丁目あおやまいっちょうめ 【Z03】

半蔵門線初回の開業時は渋谷からここまでの路線だった。銀座線・都営大江戸線との乗り換え駅。(2017/12/08)

表参道おもてさんどう 【Z02】

渋谷では地下深くと地上3階に分かれる半蔵門線と銀座線が、ここでは同じホームに並んで発着する。千代田線との乗換駅でもある。(2010/08/07)

改修して間もないと思われる綺麗で広々としたホーム。(2010/08/07)

渋谷しぶや 【Z01】

東急田園都市線との境界の駅。列車はそのまま東急田園都市線へと乗り入れていく。かつては新玉川線という名前だった田園都市線の二子玉川まではほとんどが地下鉄線で、渋谷を出てもしばらくはトンネルの走行が続く。(2008/06/14)

渋谷を出る東急の列車。(2008/06/14)


東京メトロ・半蔵門線