↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
有楽町線関連リンク



有楽町線 和光市-新木場 28.3km

副都心線 和光市-池袋 11.5km

和光市わこうし 【Y01】

副都心線と共に、有楽町線の北側の起点。東武東上線との乗り換え駅。(2008/06/14)

和光市駅改札口

奥にある電光掲示の発車案内に、渋谷行やら新木場行やら、急行に準急とさまざま行き先や種別が並ぶ。(2008/06/14)

地下鉄成増ちかてつなります 【Y02】
地下鉄赤塚ちかてつあかつか 【Y03】
平和台へいわだい 【Y04】
氷川台ひかわだい 【Y05】

小竹向原こたけむかいはら 【Y06】

公園の一角に構える駅の入口。地下にある駅は四方から路線の集まり賑やかなのに対し、地上に出ると静かな公園と住宅地が広がっており、その違和感にちょっと驚き。(2008/06/14)

小竹向原駅ホーム

2面あるホームはどちらもホームドアでしっかりガード。駅名標の「小竹向原」の下に、真上にあるらしい小学校の名前が入った「小竹小学校前」という小さなプレートがつけられている。(2008/06/14)

妙に新木場行きが多い発車案内の電光掲示板。(2008/06/14)

千川せんかわ 【Y07】

要町かなめちょう 【Y08】

小竹向原から副都心線と分離するも、池袋まで副都心線は真下を走行中。ホームが2段構造になっている。(2008/06/14)

副都心線はこちら

有楽町線ホーム上にある副都心線ホームへの階段。どちらも池袋に行くのにホームが別々にあり、しかも改札口からここまで両線の発車時刻が一目で分かる電光掲示も無かったので、池袋に行く時には、階段付近で耳を澄ませて音を聞き、先に来た方の電車のホームに急いで移動する必要があるかも。(2008/06/14)

池袋いけぶくろ 【Y09】

丸の内線、副都心線とは若干離れた所にあるホーム。(2008/11/22)

東池袋ひがしいけぶくろ 【Y10】

都電の停留所の近所で口を開ける駅の入口。(2008/05/24)

護国寺ごこくじ 【Y11】
江戸川橋えどがわばし 【Y12】

飯田橋いいだばし 【Y13】

JR中央線の他、地下鉄は東西線・南北線・有楽町線・大江戸線が集結する交通の要所。しかしホームのある位置が結構ばらけている。(2008/11/12)

10000系

副都心線と同じ電車が、有楽町線でも走っている。(2008/11/12)

市ヶ谷いちがや 【Y14】

西から東へ移動する際、JR中央線は市ヶ谷・飯田橋の順に停まるが有楽町線は逆。両駅が南北に位置しているのがその理由かな。(2008/11/22)

ひみつの連絡線

市ヶ谷駅ホームの隅から見ることできる秘密の連絡線。南北線とつながっているらしい。(2018/01/18)

連絡改札口

JR中央線、都営新宿線の各線とは全て連絡改札口でつながっており、どの路線からも改札口を1回通るだけで乗換えが出来るようになっている。(2008/11/22)

麹町こうじまち 【Y15】

ホームが上下二層構造の駅。(2014/05/09)

永田町ながたちょう 【Y16】

1982年の写真。ただ、写真に写っている電車とほぼ同じ形のものが副都心線開業の頃にも使われていた。行き先表示にある通り、当時まだ南側の終点は新富町だった。(1982/06/01)

桜田門さくらだもん 【Y17】

有楽町ゆうらくちょう 【Y18】

JRの駅前にさりげなく入口を構える有楽町線の有楽町駅。(2008/11/22)

銀座一丁目ぎんざいっちょうめ 【Y19】

新富町しんとみちょう 【Y20】

1980年の延長開業から1988年の新木場開通まではこの駅が有楽町線の終点だった。開業以来ずっと単独駅だったが、2018年3月より隣接する日比谷線築地駅と乗り換え駅になった。(2018/04/10)

築地駅への乗り換え案内と駅の新富町駅出口。築地駅へは一旦地上に出て乗り換え。(2018/04/10)

月島つきしま 【Y21】

豊洲とよす 【Y22】

再開発により周辺が激変している駅。ゆりかもめもお台場から路線が延長され、すぐそばに駅を構える。ららぽーとも近い。(2008/07/12)

豊洲駅に到着した列車。(2008/07/12)

線路敷設予定地

もともとは豊洲から錦糸町・押上方面にも延長される予定だった有楽町線。半蔵門線・住吉駅と共にその予定線用のホームが用意されている。東京オリンピックに合わせてこの区間を開通させるという話があるがはたして。(2008/07/12)

辰巳たつみ 【Y23】

新木場しんきば 【Y24】

豊洲から錦糸町・押上に抜ける計画もあったが幻となり、京葉線やりんかい線との乗り換え駅である新木場が南側の終点になっている。ホームは降車専用と乗車専用に別れ、駅の先には引き上げ線と車両基地がある。(1988/12/01)

新木場駅のモニュメント

場だけあってふんだんに木材が使われている、コンコースにあるモニュメント。(1988/12/01)


有楽町線 東京メトロ