↓左側の路線名は三田線と同じ線路を走る列車の路線名です。以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
三田線関連リンク



都営三田線 目黒-西高島平 26.53km

東京メトロ南北線 目黒-白金高輪 2.3km

目黒めぐろ 【I01】

目黒から白金高輪までは三田線の中で最も新しく開業した区間で、大半を東京メトロ南北線と線路を共有している。(2018/01/06)

白金台しろかねだい 【I02】

南北線との共有区間の途中駅。路線案内はどこも三田線と南北線が2つ並んで表記されている。(2000/09/30)

「都営地下鉄線内」と「東京メトロ線内」(写真撮影当時は営団地下鉄)と「都営地下鉄から東京メトロへ乗り換え」と「東京メトロから都営地下鉄へ乗り換え」の、もはやほとんどの人は判別不能と思われる4つの運賃表が並んでいた券売機。ただ、ICカードが普及した今となってはこの運賃表を見て運賃を調べる苦労もほとんどなくなっているのかも。(2000/09/30)

白金台駅の入口。ここにも2つの路線が並んで表記されている。(2000/09/30)

白金高輪しろかねたかなわ 【I03】

目黒から線路を共用していた南北線とこの駅で二手に分かれる。白金高輪始発(終着)で、目黒方面の列車と接続を取るパターンの運転もある。(2000/09/30)

三田みた 【I04】

1973年の日比谷-三田間の開業以来、長らく三田線の起点・終点となっていた駅。当初の計画では、ここから泉岳寺・五反田方面へ路線が伸び、東急電鉄と乗り入れを行う予定だった。(2000/09/30)

芝公園しばこうえん 【I05】

この駅あたりで大江戸線の路線が交差しているが、大江戸線の方には駅が作られなかった。(2014/05/16)

日比谷通りの脇の歩道にある駅の入口。(2014/05/16)

御成門おなりもん 【I06】
内幸町うちさいわいちょう 【I07】

日比谷ひびや 【I08】

国道1号脇の駅入り口。有楽町線の有楽町駅にも行けるので、駅名は両名表記。(2011/12/30)

大手町おおてまち 【I09】

5路線ある大手町駅の中では一番南側に駅がある。丸ノ内線へは大手町駅よりも東京駅の方が場所的には近いのだが、乗り換え駅には指定されていない。(2015/04/08)

都営三田線の改札口。(2015/03/28)

神保町じんぼうちょう 【I10】

都営新宿線・半蔵門線と直角にクロスするような位置関係。半蔵門線とは大手町から2駅連続で連絡する。(2013/03/24)

古本屋街にある駅入り口。入口のお隣は山本書店。(2013/03/24)

水道橋すいどうばし 【I11】

中央線との接続駅。

春日かすが 【I12】

東京メトロの後楽園駅の北東に位置する。以前は後楽園駅とは乗り換え駅ではなかったが、大江戸線の開業によって両駅を結ぶような位置に駅が出来て、乗り換え駅となった。(2013/07/11)

白山はくさん 【I13】
千石せんごく 【I14】

巣鴨すがも 【I15】

山手線との接続駅。山手線との乗換駅は、三田駅・日比谷駅も含めるとこれで4駅目。(2018/01/06)

巣鴨駅改札口。(2018/01/06)

西巣鴨にしすがも 【I16】

都電荒川線新庚申塚停留場が近く、同停留場への乗り換え駅となっている。(2018/01/06)

新板橋しんいたばし 【I17】

埼京線の板橋駅に比較的近い。(2018/01/06)

板橋区役所前いたばしくやくしょまえ 【I18】

駅名となっている板橋区役所は駅を出てすぐ。(2018/01/06)

板橋本町いたばしほんちょう 【I19】

環状7号線の下あたりに駅がある。(2018/01/06)

本蓮沼もとはすぬま 【I20】

国立西が丘サッカー場が近くにある。(2018/01/06)

志村坂上しむらさかうえ 【I21】

この駅を出ると坂を上って地下から地上へと出る。そういう意味では坂の下の駅のはずだが、駅名はそういう意味ではないのかな(笑)。(2018/01/06)

地上に出る。

志村坂上を出て、地上へと顔を出す。(2018/01/06)

志村三丁目しむらさんちょうめ 【I22】

地上に出て最初の停車駅。(2018/01/06)

蓮根はすね 【I23】

地上の駅の中では少数派の島式ホームの駅。(2018/01/06)

西台にしだい 【I24】

「大東文化大学」のステッカーが駅名の隣に貼られている。大東文化大学は駅の南側600メートルくらい離れたところにある。(2018/01/06)

車両基地

西台-高島平間にある車両基地。基地の上に公営住宅が建っているという一風変わった構造をしている。(2018/01/06)

高島平たかしまだいら 【I25】

駅の目の前に高島平団地があり、駅とは歩道で直結。車両基地への引き上げ線も兼ねた2面4線の堂々とした駅。(2018/01/06)

真ん中の2線はあまり使われていないようで、2番線は夕方4時過ぎの時点にて早くも運転終了(笑)。(2018/01/06)

高島平駅の外観。高架線の続く風景は、一般の大手私鉄路線の姿そのまんまである。(2018/01/06)

新高島平しんたかしまだいら 【I26】

高島平団地西の端付近にある。高島平から西高島平までは開業から8年遅れて1976年の開業。(2018/01/06)

西高島平にしたかしまだいら 【I27】

三田線の終点。駅の前方には首都高速5号線がある。(2018/01/06)

三田線の終端部分。ここから東武東上線の和光島でつながる計画もあった。逆方向はクロスポイントを挟み、まっすぐ高島平方面につながっている。(2018/01/06)

日中は1番線だけで事足りるのか、2番線はこの時間帯使用休止中になっていた。(2018/01/06)

西高島平駅駅舎

西高島平駅の駅舎。(2018/01/06)

1982年の西高島平

1982年に初めて西高島平駅を訪れた時の写真。当時は6000型という車両が走っていた。路線カラーの青色帯はずいぶんと控えめだった。開業当初は赤帯だったそうで、なので今の車両は青+赤のカラーなのかと推測。(1982/06/01)


東京都交通局・三田線