↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
大江戸線関連リンク



都営大江戸線 都庁前-汐留-都庁前 28.6km

都庁前とちょうまえ 【E28】

環状部と放射部の接続部分になっている駅。ここから都心を1周回る路線と、光が丘に向けて伸びる路線に分かれている。路線図(写真右)を見ると、清澄白河が環状線部分の中間地点らしい。(2003/03/16)

ぱっと見てすぐ理解できない(笑)運転系統案内。とりあえず都心方面に行きたければ1,2番線ホーム、光が丘に行きたければ4番線に行けばよいというのはわかる。(2003/03/16)

「都庁前」という駅名(停留場)はかつて都電にも存在していたようだ。ただし都電時代の都庁前は当時の都庁があった千代田区丸の内一丁目。(2003/03/16)

都電路線図

都庁前停留場の看板がある場所には当時の都電路線図も展示されていた。この当時の都電を乗り歩いてみたいという気持ちがじわじわ。(2003/03/16)

新宿西口しんじゅくにしぐち 【E01】

JRの新宿駅の北側にある駅で、東京メトロ丸の内線の新宿駅とはこちらが乗換駅に指定されている。

東新宿ひがししんじゅく 【E02】

東京メトロ副都心線との乗換駅だが、大江戸線が2000年開業、副都心線が2008年開業と2000年代になってからできた乗換駅。(2008/06/14)

東新宿駅の入口。(2008/06/14)

若松河田わかまつかわだ 【E03】
牛込柳町うしごめやなぎちょう 【E04】
牛込神楽坂うしごめかぐらざか 【E05】

飯田橋いいだばし 【E06】

もともとJR1路線、地下鉄3路線が通っていた駅に大江戸線も乗り入れ。地図を見ると、飯田橋の交差点を中心として駅が放射状に延びる形を作っている。(2013/07/11)

2000年訪問時のまだ開業したてのホーム。白い壁で固められたドーム状の天井が印象的。(2000/12/17)

トンネルの中を覗く。線路の真ん中に敷かれているのはリニアモーター駆動のためのプレート。(2000/12/17)

飯田橋駅のエスカレータ。頭上の配管が緑色をした網の目模様になっており、根を延ばす植物をイメージしたものらしい。(2000/12/17)

春日かすが 【E07】

東京メトロの後楽園駅と、三田線春日駅の間をつなぐように駅がある。もともと近かった両駅が、大江戸線の開業によって乗換駅となった。(2013/07/11)

本郷三丁目ほんごうさんちょうめ 【E08】

丸ノ内線とは後楽園に続く乗換駅。ただし一旦地上に出る必要があり、ちょっと不便。

上野御徒町うえのおかちまち 【E09】

上野なの?御徒町なの?という名前の駅だが、JRの乗り換え駅は御徒町駅。JRを挟んで東西に位置する銀座線の上野広小路と日比谷線の仲御徒町駅が乗換駅になっている。

新御徒町しんおかちまち 【E10】

つくばエクスプレスとの乗換駅。大江戸線開業の5年後につくばエクスプレスが開業している。(2008/06/08)

蔵前くらまえ 【E11】

浅草線との乗換駅だがいったん地上に出る必要がある上に、国道6号線を300メートルくらい歩く必要があるという、乗換駅というには微妙な距離関係。

両国りょうごく 【E12】

こちらもJRの両国駅とは300メートルくらい離れている。江戸東京博物館は出口のすぐ近く。

森下もりした 【E13】

都営新宿線と直交。

清澄白河きよすみしらかわ 【E14】

続いて東京メトロ半蔵門線と直交。半蔵門線の歴史は古いがここまで伸びてきたのは大江戸線開業の3年後で、駅が出来たのは大江戸線が先である。(2015/03/28)

門前仲町もんぜんなかちょう 【E15】

さらにこちらは東京メトロ東西線との乗換駅。よく見ると壁の模様が、「門前仲町」を一文字ずつかたどった角字になっている。(2000/12/17)

月島つきしま 【E16】

運河を超えてもんじゃの街の月島も通る。ここでは有楽町線と接続。

勝どきかちどき 【E17】

築地市場つきじしじょう 【E18】

名前の通り築地市場のすぐ近くにある駅だが、市場移転後の名前の行方が気になるところ。ちなみにゆりかもめには豊洲市場予定地のそばに「市場前」という駅があり、都知事の判断がどっちになっても片方の駅名は変更に迫られる運命にあったのかな?(2000/12/17)

汐留しおどめ 【E19】

汐留再開発エリアの中心地に駅がある。再開発の完成を待っての開業だったため、大江戸線開業の2年後に駅の営業が始まった。(2013/06/01)

トンネル中を見ると、シングルスリップポイントの先で二手に分かれる線路が見える。片方は浅草線への連絡線となっているらしい。(2003/03/16)

汐留駅と新橋駅の周辺地図。都営浅草線新橋駅とは乗換駅には指定されていないが、歩いても200-300メートルくらい。(2003/03/16)

汐留駅の駅の入口。(2013/06/01)

大門だいもん 【E20】

JR浜松町駅と都営浅草線大門駅をつなぐような位置にあり、駅名は大門に続けて「(浜松町)」を名乗っている。乗り換え案内では羽田空港へは東京モノレールではなく京急方面に誘導(写真右)。(2000/12/17)

赤羽橋あかばねばし 【E21】

麻布十番あざぶじゅうばん 【E22】

東京メトロ南北線との乗換駅で、どちらも2000年に相次いで開業。南北線の方が3か月ほど早かったが、南北線の駅の仮称駅名は「麻布」だけだった。(2000/12/17)

六本木ろっぽんぎ 【E23】

日本の地下鉄の中では最も深い位置にある。地上へは、エスカレータをひたすら上っていく。(2013/06/01)

六本木駅改札口と入り口。(2013/06/01)

青山一丁目あおやまいっちょうめ 【E24】

並行して走る東京メトロ銀座線・半蔵門線とは直交する位置関係。

国立競技場こくりつきょうぎじょう 【E25】

JR千駄ヶ谷駅のすぐそばに駅の入口があるが、ホームは少し信濃町寄りにある。「東京体育館前」という複名が付いていた。(2000/05/19)

開業間もないころに訪れた時の、出来たばかりの駅ホーム。(2000/05/19)

イベント開催時に備えてコンコースが広く取られていると思われるが、この時は誰もいなくて閑散としていた改札口付近。(2000/05/19)

訪問時は国立競技場駅までの暫定開業だったが、全線開業時の駅名も決まっていて大部分がテープで目隠しされていた路線図。(2000/05/19)

国立競技場駅入り口。(2000/05/19)

代々木よよぎ 【E26】

駅の手前でJR山手線の西側に出る。駅もJRの駅の西側にある。

新宿しんじゅく 【E27】

新宿西口駅のすぐ南側に位置する。丸ノ内線以外の新宿駅とはこちらの方が近い。

都営大江戸線 都庁前-光が丘 12.1km

都庁前とちょうまえ 【E28】

都心を1週回って再び都庁前へ。ここから練馬区にある光が丘に向かって進んでいく。(2003/03/16)

西新宿五丁目にししんじゅくごちょうめ 【E29】
中野坂上なかのさかうえ 【E30】
東中野ひがしなかの 【E31】
中井なかい 【E32】
落合南長崎おちあいみなみながさき 【E33】
新江古田しんえごた 【E34】
練馬めりま 【E35】
豊島園としまえん 【E36】
練馬春日町ねりまかすがちょう 【E37】

光が丘ひかりがおか 【E38】

大江戸線放射部の終点。このあたり、路線は東武東上線と西武池袋線の中間あたりを走っている。(2000/05/19)

光が丘駅の入口(2000/05/19)

駅に隣接してあったショッピング街。(2000/05/19)


東京都交通局・大江戸線