↓以下の全ての写真は、クリックすると拡大して見ることが出来ます。
新宿線関連リンク



都営新宿線 新宿-本八幡 23.5km

新宿しんじゅく 【S01】

新宿では京王新線と接続。京王線ではこの駅を「新線新宿」とも呼んでいる。新宿線の列車は京王新線経由で笹塚方面へと乗り入れる。(2011/05/08)

新宿三丁目しんじゅくさんちょうめ 【S02】

2008年に副都心線が開業し、新宿の東で3路線が集まる地下鉄の主要駅に。丸の内線とは新宿駅でも接続するが、新宿はお互いの駅の距離が遠いためこの駅での乗換えの方が便利。(2011/05/08)

曙橋あけぼのばし 【S03】

市ヶ谷いちがや 【S04】

市ヶ谷駅乗り換え通路。この駅で中央線各駅停車、東京メトロ有楽町線・南北線と接続している。(2008/11/22)

九段下くだんした 【S05】

半蔵門線・東西線との乗換駅。半蔵門線とは隣同士に駅がありながら壁で隔てられていたが、2013年にそれまで隔てられていた壁が撤去されて共同駅化された。(2013/03/24)

お隣は半蔵門線

壁が撤去された半蔵門線4番線と新宿線5番線。都営地下鉄と東京メトロの看板のデザインの違いがよく分かる光景。(2013/03/24)

閉ざされていたドアがあったと思われる空間。壁に黄緑色のラインカラーが施された新宿線のホームから、半蔵門線の電車がのぞき見できる魅惑のスポット。(2013/03/24)

東京メトロと別々にあった改札口も共用化された。こちらは都営地下鉄管轄の改札口(2013/03/24)

こちらは東京メトロ管轄の改札口。都営地下鉄とは改札口の看板のデザインもはっきり分かれている。(2013/03/24)

神保町じんぼうちょう 【S06】

半蔵門線とは九段下からここまで併走。古本屋街の最寄り駅。(2011/05/08)

小川町おがわまち 【S07】

丸の内線・千代田線の駅を繋ぐような位置にある。両線との乗換駅だが、駅名は3路線でばらばら。(2011/05/08)

小川町駅の改札口。(2015/03/28)

岩本町いわもとちょう 【S08】

新宿線の1978年初回開通時の起点。秋葉原駅に近く、2013年に日比谷線秋葉原駅との乗換駅に指定された。2面3線のホームを持つ。(2011/05/08)

馬喰横山ばくろよこやま 【S09】

駅の改札口。ホームへの階段は改札口より直進した先にある。(2011/05/08)

浜町はまちょう 【S10】
森下もりした 【S11】
菊川きくかわ 【S12】

住吉すみよし 【S13】

九段下でホームを並べていた東京メトロ半蔵門線と再び接続。(2015/03/28)

西大島にしおおじま 【S14】
大島おおじま 【S15】

東大島ひがしおおじま 【S16】

ぐっと写真が古くなってこちらは1982年訪問時の写真。当時は岩本町から東大島までの路線で、新宿線と言いつつ新宿まで開通していなかった。(1982/06/01)

一旦引き上げ線へと入り、折り返し列車となって大島方面のホームに入る列車。(1982/06/01)

船堀ふなぼり 【S17】

船堀駅の地上ホーム。東大島からここまでのひと区間だけは地上を走る。間に横たわる荒川・中川を鉄橋で渡るので、暴風時にはここだけの区間のために運休になることも。(2013/02/23)

見た目には普通の私鉄の駅のような船堀駅。(2013/02/23)

一ノ江いちのえ 【S18】

瑞江みずえ 【S19】

退避線のある駅。急行列車通過待ちのために小休止中。(2013/02/23)

駅の先端でカメラを構えていたら、急行列車がトンネルの中を突っ走ってきた。(2013/02/23)

篠崎しのざき 【S20】

終点の本八幡まではあとひと駅。ここから本八幡へは都営地下鉄なのに千葉県へと乗り入れていく。(2012/07/23)

篠崎駅の改札口。(2012/07/23)

本八幡もとやわた 【S21】

総武線、京成線と接続。ここからニュータウンへと向かう千葉県営鉄道に乗り入れる計画があったが、計画は幻に終わった。(2012/07/23)

橋本から急行

都営浅草線だと「急行」列車は各駅停車であるが、新宿線は線内も駅を通過する急行列車があるため、行き先表示では「新宿から急行」の律儀な表示。(2012/07/23)

1989年の本八幡駅

1989年3月の開業直後に訪れた本八幡駅。当時まだホームは仮設の部分があり、線路も片側しか使用されていなかった。(1989/03/19)


新宿線 東京都交通局